人を救う技術は毒にもなる-秋の東京合宿(2)

東京合宿の模様です。こんな感じで実技稽古をしています。
画像の説明
いやしのみち協会から転載させて頂きました。関西、九州、果てはブラジルからの参加者も)

さて、つづきです。なぜ、ベビーマッサージがブームとなったのかという話題も興味深かったひとつです。

片手間ではやれない仕事

主婦業の片手間にセラピストとしてお小遣いが稼げるだなんて言って、資格を売る商法が色々とあります。誰もが生きていくのに精一杯で、それでも喜ばれる仕事をしたいという想いは純粋で、それ自体は否定できません。

ただ、人の身体に触れるというのならば、根本的な段階として「一定の覚悟」が要ります。お小遣い稼ぎ程度で軽々しく踏み越えられたくはない、越えられない一線があります。無邪気に、知らぬまにその線を越えてしまうと、自分を傷つけるどころか、他人に害もなします。

技術と知識はあって当たり前で、それより問われるものがあって、そこは学校でも教えられない。ましてや数十、数百時間の講習では難しい。なんらかの規制が必要です。

コメント


認証コード3496

コメントは管理者の承認後に表示されます。