自力でできる部分とできない部分

「自然治癒力に任せる」という思想はまさに東洋医学の本懐であるといえます。そして、鍼灸治療は、まさにその自然治癒力を最大限に発揮させるための最良の方法だと思っています。

ところで、「自然治癒に任せる」とは、どういうことなのでしょうか。ただ単に「放置」していればいいと考えている人たちが見受けられますが、思うに、それでも上手くいく場合と、それだけでは上手くいかない場合があります。

画像の説明

うまくいくケースとは、
病が浅い場合。本人の生命力が旺盛な場合、養生法が正しい場合。

上手くいかないケースは、
病が深い場合、本人の生命力が衰えている場合、養生法に誤りがある場合が考えられます。

「自然治癒」に期待していても、一向によくならない。またはご自分で生兵法を試みて悪化させているようなケースもよくあります。

往々にして、医療への不信感が強い方の場合、あらゆる医療的処置を嫌う傾向があります。極端な場合は、先の完全放置や、民間療法で自己対処を試みたり、霊的なヒーリングでそれを補おうとしたり、さまざまな形で対処しておられるようです。

いずれにせよ、いまやるべき処置を、適材適所に正しく遂行する能力がないかぎりは、どれも生兵法になりかねないわけです。

コメント


認証コード7556

コメントは管理者の承認後に表示されます。