花粉症 東洋医学の観点から

そろそろ花粉症のシーズンがやってきます。皆さまのお体を拝見していると、もうすでに一陽来復。春の兆しが見て取れるような気がします。

シーズンになると、よく花粉症の問合がありますが、春の前に対処しておく方がいいというお話です。つまり、まだ今のうちです。辛いくしゃみ、はなみず、なみだ、よだれ・・・あぁ、よだれはないですね。

アレルゲンが問題なのだろうか

さまざまなアレルギー性疾患の原因は、その引き金となるアレルゲンの事ばかりが問題になります。しかし、アレルゲンだけが原因ならば、全人類がみな、平等に花粉症にかかるはずです。ですが、だれもが花粉症になる訳ではありません。「花粉症になる人と、ならない人がいるのはなぜか」。アレルゲン原因説では、このことを十分に説明することができません。

個々の問題に目を向けよう

アレルゲンの問題は、「外的な問題」として、確かに無視はできません。しかし、
自身の健康状態という「内的な問題」は、あまり顧みられることがありません。
僕自身を振り返ってみれば、自分自身の健康状態、つまり内的な問題の方が大切だという事に気づいた時が、花粉症対策における最大の転機となりました。

自体験を一鍼に変換

それから、自分自身を実験台にして、どういう鍼をすれば?どういう生活をすれば悪化するのか、楽になるのか。それを失敗を重ねながら、何シーズンも研究してきました。名医と呼ぶに相応しい先生方に実際に鍼をして頂いては、学ばされることも沢山ありました。

そういう諸々をひっくるめて、最良のものを提供できるよう、常にヴァージョンアップを繰り返してきています。
お悩みのかたはどうぞご相談ください。

◇過去の記事
花粉症について
花粉症 東洋医学の観点から
春の体調不良に備えて

花粉症

コメント


認証コード8501

コメントは管理者の承認後に表示されます。