始皇帝と大兵馬俑展行ってきました

画像の説明
これは話題のキングダムのキャラクターたちですね。
九州国立博物館で開催中の『始皇帝と大兵馬俑展』です。

期待通り、不気味な雰囲気が最高に良かったです。


展示物で僕が見たものは鬲、盉、范、鼎、弩などです。

大丈夫。普通は読めませんよ。

鬲(レキ)は煮炊き用のお鍋みたいなもので、栗や稲を蒸したりもしたそうです。
月+鬲だと「膈(カク)」という字になります。
「膈兪(カクユ)」というツボが背中にありまして、膈兪は横「隔」膜に関連します。鬲を見ていると確かに横隔膜を思わせます。

お土産の地図にハマる

自分用にお土産で買った、中国の立体地図がまた最高でした。
往年のシルクロードファンにはたまりません。
諏訪緑さんの『玄奘西域記』、諸星大二郎さんの『西遊妖猿伝』を立て続けに読みましたが、この地図を見ながら読むと尚更面白かったに違いない!

中国の立体地図7
「おお。ここが河西回廊か・・・タクラマカン砂漠か・・・」と、一人で興奮しながら眺めています。見ているだけで時を忘れます。

中国の立体地図10
中国の歴史は、広大な平野である中原を奪い合う歴史であったといっても過言ではありません。

お茶の名産地である、四川もこうしてみるとかなりの平野部というか盆地であることが一目瞭然です。発展する訳だ。

中国の立体地図12
塔克拉玛干砂漠。タクラマカンのことです。
こうやって書くんですね。

中国の立体地図11
こちらはヒマラヤ山脈。断崖絶壁になっています。
川の傾斜がきつすぎて、ほとんど滝に見えます。

中国の立体地図9
横から見る。

中国の立体地図
簡体字です。九州は九州島とあります。
こうしてみると、日本は本当に平地がありません。

月曜から、特に意味のない投稿にお付き合い頂きありがとうございました。
それでは皆様、今週もお気をつけてお越しください!

コメント

  • すてきなお土産

    河原先生、楽しめてよかったですね~。
    そして同じ地図でも、このボコボコ、高低差がたまらないですよね。
    鉄道マニアの方が時刻表で旅ができてしまうように、
    地図見てると中原を馬で走れちゃうみたいな(笑)


  • ソックスママさん

    コメントありがとうございます!
    そうなんですよ、高低差がたまらないんですよ~
    肝心な展覧会を差し置いてなんですが、、、。

    誠花堂内に置いてあるので、よかったらどうぞ触ってみて下さい。
    無料です。



認証コード1677

コメントは管理者の承認後に表示されます。