唾液は無料!叩歯法で若返り 

「歯周病の予防には、唾液が大事だ」といいます。唾液には食べ物の消化を助ける他、細菌の繁殖を防ぐ殺菌作用も。また、味を感じやすくする働きがはり、味覚障害がある人は口がからからになっていたりします。

歯周病のみならず、健康上、唾液がちゃんと分泌されているかどうかはとても大切です。

誠花堂で針を受けていると、ジワジワと唾液が湧いてくるのを感じたという方は多いと思います。気が通れば、唾液は湧くのです。水分補給をしていても、口の中がカラカラという方は、気の通りが悪い。

自分でもやれるいい方法はないの?というそこの奥さん。
実は、いい方法があるんです!
叩歯法(こうしほう)と言って、歯をカチカチ噛み鳴らすだけの簡単な方法で、しかも無料なんです。

「そんな恥ずかしいのは無理!」とおっしゃるかもしれませんが、なにも人前でやれというのではありません。実はこれは若返りの秘法とも言われており、何度もいいますが、無料です。ぜひやってもらいたい。そんなわけで、やり方を紹介します。

叩歯法とは、
 ①カチカチと歯を噛み鳴らす
 ②舌先で、口腔内をなめ廻して、唾液を分泌させる。
 ③唾液が集まったら、飲み込む
 ④×3回
これだけです。簡単でしょう。

息が浅い人はよく噛んで、消化吸収を助けつつ、顎まわりの筋肉を動かすことはまた、横隔膜周辺の緊張を緩める効果もあります。ついでに続けていると、明目効果もありますし、若返りの秘法です。

とはいえ、人前で歯をカチカチやるのはおかしいので、一人でこっそりやってください。
僕がこっそりやっているのを見かけたら、そっとしておいてください。

それでは皆様、よい週末を!
養生

コメント


認証コード2860

コメントは管理者の承認後に表示されます。