チェスターコートが着れない

今年はロングコートが流行のようです。

便乗した訳ではないのですが、僕も今年はチェスターコートを購入しました。9月くらいから、「はやく寒くならないかな・・・」と楽しみにしています。

ひとつ、冬に向けて養生の秘法を明かしましょう。

寒風に中(あた)られると、風邪を引きます。
寒風に中りに行くと、身体は鍛えられます。

不思議なもので、無防備なまま受け身なってに曝されるのと、積極的に寒かぜにさらしに行くのとではまったく異なります。
同じ冷たい風であっても、結果が違うのです。

養生にも「守る」側面と、「鍛える」側面があって、早くから厚着をすると、身体が弱くなります。過保護に身体を守ってばかりいると、生命体としてはどんどん弱くなっていきます。これが健康マニアが陥りやすいワナです。
鍛えるという意味では、なるべく薄着でなれたほうが宜しい。これは色々な場面に応用できる大事なポイントです。

なので僕は薄着で「心頭滅却すれば寒もまた暑し…」とか、ガタガタブルブルぶつくさいいながら、つい風邪を引くことがあります。家内からは「懲りないね」と嫌味を言われております。

それでもやっぱり、鍛えないといけない。
寒さなんかに負けてはいられない。

だから、そんなことを言っていると、いつまでもチェスターコートを着ることができないわけです。

ジレンマです。
勝手にやってろといったところでしょうか。

少しは懲りて、今年はコートを早目に羽織ろうと思います。

皆さんも、ほどほどにやってください。
養生

コメント


認証コード0398

コメントは管理者の承認後に表示されます。