ジャンク?健康食? in 台湾!

台湾といえば、小龍包やかき氷などを連想する人も多いと思いますが、ハイパーローカルに、地元のスーパーとかコンビニに行ってジャンクフードを食べてきました。普段はなかなか食べないので面白かったです。

まずはこれから。じゃ~ん。

蟹

蟹。スナック蟹です。

これおいしいよ。うん、お酒がほしい。
お酒を見に行こう!

人参

薬酒みたいなものが沢山。人参入りと書かれている。

日本でも「人参剤を摂りさえすれば、元気になる」というような触れ込みがあります。発想はユンケルぽいですね。

一応、飲んでみました。

さて次は、現地のサニー的なスーパーにいきました。
で、これです。

「大補帖」当帰鴨風味



さて、これは一体・・・

「大補」とは、気の不足を大きく補うという意味。
手術や放射線治療のあと、体力・免疫力が落ちた人に使われる十全大補湯を連想させます。
(原材料:雞肉、豬肉、川芎粉、枸杞、生姜、人参など)

とにかく、半端なく消耗している人に良さそうなネーミングです。薬じゃないですよ。食べ物です。

さて、これはなんでしょう。

実はこれはカップラーメンです。

なんてジャンクな健康食。

もう身体に良いのか、悪いのかよくわかりません。

中薬がいかに、市民の間に浸透しているのかが伺える。そんな一品でした。いいアイデアだとは思います。でも、手術後の差し入れにカップラーメンはないな。。。

大補当帰

お菓子コーナーです。

甘草瓜

南瓜はカボチャの種ですね。甘草は生薬の一種です。こういうお菓子が身近で買えるのがいいですね。

一風変わった紹介でした。

今度は町並みを紹介する予定です。

それでは、皆様よい週末を!

【うんちく】
「当帰」は生薬の一種で血を補い、燥を潤し、内の寒を散じる効あり。薬方では当帰芍薬散、当帰建中湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯がメジャー。

「鴨」は薬膳の世界だと確か、虚労を補うという効能があったはずですが、失念しました。

コメント


認証コード7523

コメントは管理者の承認後に表示されます。