最高のパフォーマンスを発揮しよう

【出張企画】~最高のパフォーマンスを発揮しよう~から「針灸×バストロンボーン」を実地しました。ご協力頂いた皆様、ありがとうございます!

「音が良くなるように鍼をする」

普段の診療では出会えないニーズが、新しいインスピレーションを僕に与えてくれます。

刺激的な挑戦で、ワクワクしてやまない企画。第一弾。またやります。
僕は逆に、皆様が最高のパフォーマンスを発揮できる様、ちからを貸すことができる。
そのフィードバックを受けて、毎日の治療に生かしていく。この循環は新しい。面白いなと。

そんなわけで、最高のパフォーマンスを発揮しよう!という企画をやっています。

はい。
それで、こういうことを考えてます。

「自分は、もっと上手くやれるはず」
日々の練習の成果を、十分に発揮しきれていないという想い

東洋医学の視点から、原因となる●●を除いて、
安定的にハイパフォーマンスを再現できるようにする」

…という試みです。「針で演奏が上手くなるんだぜ」とか、そういう失礼な話ではありません。本来持てるちからを、自由に安定して発揮できるようにする。そういう試みです。それでも「本当?気のせいだろう?」という声も聞こえてきそうです。

じゃあ、やってみよう。というわけでビフォーからです。

「鍼灸×バストロンボーン」

この後、治療をしてアフターです。どうなるでしょうか。


音質の変化が確認できると思います。不思議ですね。本来、Yさんが普通にできるはずの事が、普通にできるようになったのだと、僕は認識しています。以上です。



さてここからは、ダークサイドに堕ちた河原があなたを暗黒面へ誘惑します。ククク・・・

鍼灸院へ行け、ライバルと差をつけよと、悪魔は囁く

僕がしているのは「マイナスにあるものを0地点に戻す・近づける」こと。それだけです。あとは皆さんの体が勝手に良くなっている。普段の治療をそのままやっているだけなので、楽器の演奏に限らず、ダンサーも応用できます。してます。

例えば「0地点」にある人というのは、「超」健康体。どこにもツボが出ていない。鍼をする必要がないという健康人です。そんな人には今まで一人くらいしか、出会ったことがないので、ほとんどの方は違います。つまり、大抵の方には「自覚されない●●や▲▲」があるはずので、鍼で変化が起こる可能性は高い。

こういう方たちは、生活に支障はなくても、大なり小なりパフォーマンスは低下し、十分にちからを発揮しきれていないと思う。

「わたしの限界はここまで」と、あなたが自分で決めていたラインが、実は違ったらどうします。100%を発揮しているつもりが、100%ではなかったとしたら……やっぱり、もったいないなぁ。


だから、気付いた人は、こっそり来たりします。ライバルには教えず、自分は「実は受けてました」とか、反則技かもしれない。副作用もないから、ドーピングにも引っかからないし。

だから、上手く利用していけば、あなたや周囲が勝手に決めていた限界点を、鍼灸によって、あっさりと突破することも起こりうると思います。というか、起きています。

悪魔の囁きですね。

これは事実ですが、イチローを始めとして、現代における著名人たちがメンテナンスに膨大な時間と労力を注ぎ、こころを砕いています。そうすることで、安定的にハイパフォーマンスを生み出すことが可能となるのだと思います。

一方で西洋の演奏家や舞踏家の中には、伝説的なパフォーマンスを発揮する一方で、あまりに不安定であったり、心身を蝕んでは、破滅していった天才たちが数多にいます。ビル・エバンス、グレン・グールド、ヴァーツラフ・ニジンスキー、カート・コバーン……きりがない。あまりに惜しい。

彼らが生きる風景に、鍼灸があったなら。
…それ以上は言わないけれど。

次世代のスターのそばには鍼灸師の影あり。それが当たり前の時代になる気がします。

最高のパフォーマンスを発揮しよう!

【後記】とりあえず、素人の僕でも分かるくらいに変化してくれて、ホッとしました。
今回は15分の治療一回で見られた変化です。初対面でぶっつけ本番なので、上出来な方でしょう。誠花堂に限らず、ちゃんと習練を積んできた鍼灸師なら、対応できるんじゃないかと思います。多分。

コメント


認証コード7396

コメントは管理者の承認後に表示されます。