過敏性腸症候群 起立性調節障害|福岡 薬院 鍼灸専門|誠花堂

Y・Sくん 学生 18歳 男性

起立性調整障害

どのような症状で来院されましたか

下痢、吐き気、頭痛などがあり登校できない。過敏性腸症候群と診断されている。
(ここでは記入されていませんが、他にもトイレから出られない。食欲がない。鼻が詰まるなどの症状のほか、起きられないなど、朝に調子が悪く、起立性調節障害とも診断を受けています。)

その症状は今はいかがですか

元来、腸は強くありませんでしたが、今は症状はかなり少なくなりました。その他にも風邪を引きにくくなりました。
(トイレから出られないほどの腹痛と下痢は数回の治療によって収まり、登校ができるようになりました。そこから一進一退のまま、どうにか卒業まではこぎつけたという次第です。)

嬉しかったこと、驚いたこと、ご感想を

いつも親切に対応して下さり、おかげで学校にも行けるようになり高校を卒業できたことがなにより嬉しいです。今では元気に専門学校に通っております。

最後にメッセージをお話しください

現代はストレスによる症状に悩まされている方は多いと聞きます。息子は不登校になり、身体の症状にも苦しみました。本人は頑張ろうとするので、無理をして体に出てしまうのです。周りから見るとサボリかと思ってしまいますが、とても苦しいのです。
そんな患者に、河原先生は寄り添って親身に治療してくださいました。
本人はもちろんですが、ご家族の心労もかなりのものです。それでも苦しい状態が、この先、何年も続くわけではありません。皆様も
責めずに見守ってあげてください。一人ではありません。

*実は、体験談の他にも、延べ20通を超えるお手紙をお母さまから頂いています。その中からの言葉も合わせた編集版としてご紹介しました。


【院長から】
高校ご卒業おめでとうございます!共にひとつの節目を迎えることができて、僕もとても嬉しく思っています。
S君自身が乗り越えないといけない問題は、まだ残っていると思いますが、でもこの体験がいつの日か財産となり、プラスにできる日が来ると僕は信じています。

いつの日か、一緒に仕事ができる日が来ることを楽しみにしています。

コメント


認証コード1077

コメントは管理者の承認後に表示されます。