秋の養生(2)秋を満喫するために

急に涼しくなってきましたね。

今年の福岡は、5月ぐらいからずっと暑かったような気がするので、ようやく待ちに待った感があります。

今夜は中州JAZZ2017がありますし、
9月はイベントが目白押しです。

秋を楽しむために、体調は万全にしておきたいですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

いくつか、秋口の注意点を挙げておきます。

①寝冷えに気を付けよう

急に涼しくなってきたせいか、
朝方に寝冷えしている方もおられます。

身体が夜風で冷えてしまうと、朝がだるいですよ。

さすがに半袖、短パンで寝るのは、そろそろ止めておきましょう。または薄手の上掛けを一枚掛けておく。

それだけでも違うはずです。

②夏の疲れを取っておこう

夏の疲れが出る頃ですから、早く寝て、しっかり休んで、栄養のあるものを、少しだけ

「味が濃い飲食物」は、美味しいんですけども、秋におこる体内の乾燥を更に強化させてしまうので、注意が要ります。ちなみに僕は咽がやられやすいので、梨やハチミツをよく摂っています。

「餓死しそうな人」は、栄養がある物をたくさん取ってもいいけど、「飽食気味の現代人」は、小食くらいで調度いいです。


「粗食でも大食は大凶なり」とは水野南北の言ですが、粗食でも食べ過ぎはいけません。気が塞がるので、イライラとしますし、顏色も体調も優れません。そんなことだと運気も逃げてしまう。チャンスを掴めないのだと、南北は考えていました。

そんなわけで。秋のチャンス(?)をものにするためには、身体に良い物だからと言って、大食いしてはいけません。

③たまには鍼灸でメンテナンスしよう

最近は調子が良かったというあなたも、
季節の変わり目ですから、ぜひご来院ください。

きっと、より快適に秋を満喫することができるでしょう。

それでは皆様良い週末を!

秋の養生(1)もの悲しいのは肺のせい?
秋の養生(2)秋を満喫するために
秋の養生(3)秋の飲食

夏

コメント


認証コード1722

コメントは管理者の承認後に表示されます。