秋の養生(3)秋の飲食

今年の夏も、暑さが厳しかったですね。
「夏には強いんです」なんて人も、今年はへばっていました。

そんな年の秋は、しつこい咳が流行ったりすることがあるので、無理をせず、今の内からよく養生しておきましょう。

例えば、食欲の秋だからといって、食欲のほしいままにしていると、、よろしくない。

それで、なにを食べたらいいのかという話になるのですが、秋は「食べた後、咽が乾くもの」は避けてください。例えば、「刺激的なもの」「極端に味が濃いもの」「脂っこいもの」などです。こういうものが一番美味しく感じるんですけどね。

こういったものばかりを食べていると、秋に風邪をこじらせやすくなり、冬になればノロだとか、胃腸炎を貰いやすくなります。

また、トマトやキュウリと言った夏野菜はもう時期外れ。柿や梨も良いですが、冷蔵庫でキンキンに冷えたまま頂いたりしないように。

鍼灸では湿熱をさばきつつ、乾燥を潤すような治療をすればいいのですが、まずは予防が大事です。

肉食

参考に、秋の食材を挙げておきます。

秋に食べると良い物

れんこん、松の実、白ごま、黒ゴマ、柿、びわ、りんご、梨、牛乳、卵、豆腐、貝類。
もち米、うるち米、くるみ、ハチミツ、鶏肉。
ヤマイモ、きくらげ。

参考『中医薬膳学』東洋学術出版社

LINEで送る

コメント


認証コード3312

コメントは管理者の承認後に表示されます。