春の養生①

「味付けが濃い食べ物は控えめに」。それは季節に関係なく言えることです。ですが、春の不調がある方は、特に控えたほうがいいでしょう。具体的には揚物や咽が渇くような飲食物は基本的に摂り過ぎない方が無難。
添加物は、ショートニングが入った物を僕は特に避けます。

image

春の野菜は苦みは体内の熱を外に流してくれます。イライラ、ソワソワする人には全般的に合うでしょう。胃が弱っている人は取りすぎないこと。
キュウリも瓜科なので、同様の働きがありますが、キュウリは夏にこそ食べるものです。
冷え症で貧血があり、お腹が弱く、疲れやすい人はレンコン、サツマイモが合いますが、卵を中心とした動物性タンパク質を毎日少しづつ食べることを心掛けましょう。海藻、小魚、貝類、ナッツもよい。

アツアツに煮えくり返ったおさ湯を飲む必要はありません。この時期からは常温でいいと思います。
花粉症の人は、この期間だけでもお酒を止める、減らしておいた方がいいですよ。

そして、三寒四温のこの時期は「早く寝る」に限ります。
このブログでは毎回のように、

寝ろ、寝ろ、寝ろ、寝ろ、、、呪いの如く言っています。

というのも、これほど簡単で効果的な方法はないからです。
気持ちがよくて、そして無料。

身体のバランスが悪くて寝れない人は治療をした方がいいのですが、特に不眠があるわけではないなら、早く寝ましょう。

LINEで送る

コメント


認証コード0720

コメントは管理者の承認後に表示されます。