春の養生③ 衣類と寝具

暖かい日が増えてきましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

これまでは、身体を冷やさないよう厚着をすることも多かったと思いますが、お布団の厚さはいかがでしょう。
暑くて夜に目が覚めたりしていませんか。

口や目に乾きを感じるくらいでしたら、寝巻や寝具の調整をした方がいいかもしれません。
冷えることが心配ならば、とりあえずは、首筋や肘、肩、背中が寒く感じないようにできていれば十分です。
花粉症など鼻水くしゃみが出る人は頭を風邪にあてないことも大事です。帽子をかぶるのもありです。僕は調子が悪いなと感じる時は、寝る時もかぶってます。

衣類もガッツリ着こんでしまうと気持ちが悪いと感じませんか。
皮膚感覚的に心地よい素材とそうでないものがあります。

また、それは季節によっても変わります。
季節に適した素材というものがあります。
その辺は色々試してみると、意外な発見があり楽しいものです。

個人的にはヒ●●テックなどよりは、綿の肌着が好きです。
また、あまり体を締め付けるようなきつい服装は好ましくありません。春の養生は身体を伸ばしてノビノビするのに限ります。ダラダラゴロゴロではありませんよ。

朝晩は冷えるので、やはり首元が冷えないようにストールなどで調整したりして下さい。

DSCN0873.jpg

LINEで送る

コメント


認証コード2813

コメントは管理者の承認後に表示されます。