「左目はほとんど視力を失い、車の運転もできなかった」中心性脈絡膜網膜症

N・Sさん 39歳 男性 会社役員 中心性脈絡膜網膜症

中心性網膜症

どのような症状で来院されましたか

・仕事の過労、ストレスにより中心性網膜症が発生してから半年の間に三度再発。左目はほとんど視力を失い、さらに物が歪んで見えるため、車の運転もできなくなりました。
病院では一回目と二回目は投薬治療、短期間で再発を繰り返したため、三回目はレーザー治療を受けました。その後、一か月たっても視力は戻らず、物が歪んだままのため、誠花堂さんに来院しました。

その症状は今はいかがですか

初めての治療後、両目の奥がじんじんと熱くなる感覚とムカムカが数時間続き、その後の通院後も同様の状態でした。しかし、回を重ねるごとにその感覚が薄れていくと同時に視力、歪みが回復し、その後4年間、再発は一度もありません。

嬉しかったこと、驚いたこと、ご感想を

左目が中心性網膜症になる前に、右目をクリアファイルで深く傷つけてしまい、眼科での治療経験もありましたが、後遺症で右目に水が入ると激痛がし、夜中も突然激痛で目が覚めることが頻繁にあり、2,3年苦しんでいました。
眼科からは仕方がないといわれていましたが、左目の回復と共に右目の激痛がなくなったのが驚きと同時に不思議でなりません。

同じような症状に悩んでいる方へ

針は痛くて、怖いという先入観は捨てて、勇気を出してみて下さい。
特に目は長期間経過すると完治が難しくなるので、早めに治療することがお勧めです。

【院長より】

コメント


認証コード8574

コメントは管理者の承認後に表示されます。