耳鼻咽喉科疾患

かぜ症候群については、上気道に始まる炎症性疾患として呼吸器疾患にまとめました。
その他の耳鼻咽喉科系疾患疾患については、中耳炎・耳鳴・難聴ちくのう・鼻炎扁桃腺炎にそれぞれ分離しました。


蝶形骨洞炎 手術を回避したい

36歳 女性 S・Yさん デザイナー 2015/12/18

昨年の9月に風邪を引いて以来頭痛が続く。病院では蝶形骨洞炎との診断を受け、手術が必要だという。手術前にやれることをやっておきたいということで来院。
初回治療後、頭痛は楽になる。週に一度しかお通じがなかったが、快便が続いている。2診後には、鼻の奥の違和感が10➡3に減る。3診後には、症状が消失し治療を終了となった。手術する理由がなくなったため、手術は取りやめとなった。

口内炎の膿で口が塞がる

51歳 女性 S・Iさん 自営

乳癌の既往。 毎年5~10月に口内炎が12~13箇所にできて、話すのも辛く、酷い時は寝ている間に膿で口が閉じてしまう。食事は流動食でやせていく一方。大学病院や総合病院など7,8か所かかり、調べて貰ったが原因不明。

治療後、お小水がよく出た。3回目、劇的によくなったとのこと。5回目、まだ小さい口内炎が残る。7回目、口内炎は消失。翌年の春は再発せずに済んだと後日談を頂く。

頭痛 発熱 寒気 咽がイガイガ

20代 男性 会社員 K・Sさん 

表題のとおりの症状。咳や痰や、消化器系の異常は見られないので、初期の風邪。病位は浅いので、これくらいの時に来てもらえると非常に治りやすい。

実際に、のどの痛みは一鍼でほとんど消えてしまった。唾を飲み込んでも痛みが出なくなる。後は軽い治療で終える。温かくして、早く家で休んでもらうなどの指示をする。晩に大量の大汗をかき、3度着替えた。翌朝にはすべての症状が消失。

WHO鍼灸適応疾患

WHOにおける鍼灸の評価は、日本の医学界におけるそれよりも格段に高いといえます。ですが、それでもまだ不完全で、現実にはもっと幅広い疾患に対応してきた歴史が鍼灸にはあります。ここでは便宜上WHOの適応表を借りて作成しています。


神経系疾患神経痛・神経麻痺痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症頭痛めまい不眠・神経症・ヒステリー
運動器系疾患関節炎リウマチ頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患動脈硬化症・高血圧低血圧症・心臓神経症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患甲状腺機能亢進症・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
泌尿器系疾患膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患生理痛月経不順冷え性不妊更年期障害・乳腺炎・白帯下
耳鼻咽喉科系疾患中耳炎・耳鳴・難聴ちくのう・鼻炎扁桃腺炎・メニエル氏病・鼻出血
眼科系疾患眼精疲労・疲れ目・かすみ目・結膜炎・仮性近視・ものもらい
小児科疾患小児喘息・アレルギー性湿疹・虚弱体質の改善・耳下腺炎・夜尿症
それ以外の疾患花粉症 過敏性腸症候群・起立性低血圧・潰瘍性大腸炎 皮膚疾患 尋常性乾癬 逆子・つわり 中心性網膜症 線維筋痛症 慢性疲労症候群

この症例集の目的

鍼灸治療に関する「よくわからないこと」が少しでもクリアになるように作成したのがこの症例集です。よって、専門家向けの学術的なものでもなければ、治療の有効性を過大に謳うゴットハンド的なものでもありません。

レストランが様々なように鍼灸院も、鍼灸師もさまざまです。鍼灸さえ受ければ、全国どこであっても同じような結果がでるという話ではありません。また、鍼灸治療の限界を示すものでもありませんこの症例集は、あくまで誠花堂の場合です。誠花堂で日々当たり前のように起こっていることを等身大のまま示したのが、この症例集です。