呼吸器疾患

風邪を引いた時は、鍼灸治療をお勧めします。早く、無理なく、自然に治りきるための後押しになります。

*近年は中国大陸からの汚染物質などの問題もあり、呼吸器を早くから病むお子さんが増えているようです。私自身が過去に小児喘息を患っていたこともあり、アレルギー性疾患と共に、得意なもののひとつです。きっとお力になれると思いますので、気兼ねなくご相談ください。

小児喘息①

M・T君 4歳 

生後5か月で両足全体に肉芽腫が現れ、翌月から喘息が始まったという。以後、3年以上、喘息が続いていて夜もよく眠れていない。午後に悪化する。柴朴湯、小青竜湯、その他、10種類近いお薬を服用し、発作の兆しがあれば、すぐに吸入器を使うという生活をしていた。

週一回のペースで治療を開始。なでる程度の軽い治療。初回治療後から夜の発作の兆しが減る。4回目、薬を飲まなくても発作が出ていない。吸入器を使った日が1日あったかどうか。夜の発作が無くなったので、母親も寝れる時間が増えたという。足が温かくなっている。5回目、この週は毎日咳が出たが、以前の咳の出方とは違っている。6回目、足の甲に発疹。7回目、頬に湿疹が現れる。咳は再び落ち着いてる。その後、2週間治療が空くが咳は出ず、調子がいい。10回目、インフルエンザで保育園は学級閉鎖寸前だが、風邪をもらわずに元気にしているという。まだ、完全に体質改善できた訳ではないが、咳は出なくなったので、月一回の治療に以降した後、治療を終了とした。

小児喘息②

H・Tちゃん 5歳

3歳の頃に喘息が始まる。6月から週に一回のペースで治療開始。

治療をすると水下痢をする。以後、3日に渡り下痢・軟便があった。数回の治療の後、呼吸はしやすくなり、気管支拡張させる張り薬などが要らなくなる。それでも、まだたまに咽がヒューヒューいうような日がたまに続き一進一退。19回目。10月黄色い鼻が出始める。22回目。11月になり発熱し38度まで上がった後、鼻血がたくさん出た。その後、パッタリと喘息症状は出なくなったので、治療を終了とした。

小児喘息③

12歳 7年前に始まった喘息

一か月ほど前から、夜に胸が苦しくなりゼイゼイとして咳き込む。微熱が続く。首肩のこりも強い。小児鍼で治療をして、お灸をすえて帰した。一度の治療でだいぶ良くなってしまったようだが、体質改善にはまだ時間がかかるため、自宅での施灸を続けてもらっているが、ほぼ再発はない様子。

小児喘息④ 湿疹

4歳 Y君 3歳ごろから湿疹と喘息が始まった。

気管支喘息と言われている。背中の肌膚を触診してみると、お灸がよく効きそうなタイプに思えた。実際にお灸をしてみると温かくて気持ちがいいとウトウトと目をつぶっていた。

初回の治療後におならがたくさん出て、咳は消失したと喜ばれる。便は出たが、まだコロコロしている。2回目の治療の後は、2,3日続けて下痢が出た。3回目の時は首の裏の湿疹も、喘息症状もでなくなる。風邪をひきやすい体質は残っているが、主訴についてはほぼ消失したので、治療も終了とした。

気管支炎 咳で寝れない 声が出ない

60代 女性 教員 K・Mさん

8月になってから咳が始まり一か月止まらない。気管支炎だと診断される。夜間に酷いので、疲労感が強い。仕事を長期で休もうかどうか、瀬戸際だという。

初回治療後、とても気持ちが良かったとリラックスされていた様子。胸も辛さが和らいだという。2回目、日中は少し出るが、咳は減ってきたという。眼に力が出てきて顏色がよい。目やにが出始める。3回目、久しぶりによく寝れたという。体調に自信が出てきたので、仕事に復帰された。4回目、咳はほとんど出ない。5回目、目やにも出なくなった。風邪を引きそうになるたびに必ず来院される。

長年のせき・たん 肩膝の痛み 

80代 女性 主婦 Yさん

せき・たんがあり出そうででないのが辛い。でないとうまく声がでない。腰痛、肩と膝、坐骨神経痛有り。すべて右半身だけに痛みがある。
治療後には大量の痰が吐き出されて声が出やすくなり気持ちがいいという。週2回の治療を3ヶ月ほど続けるなかで、大量に痰を吐き出すようになり、同時に右肩の痛みは消失。記憶にないくらい昔から痛みがあったというので喜ばれる。足の痛みは残るが、一人で家事・買い物を済ますことができるまでの回復し、目的は果たせたといえよう。

咳が止まらない

30代 男性 会社員 I・Yさん

元々腰痛で通われていた患者。6回目の時、風邪を引いたらしく咳が止まらないという。マイコプラズマじゃないかと心配しているが、何はともあれ診察してみると、背中の裏の一点に強い反応があり、そこに鍼を下すと咳はでなくなる。治療をしたあと、夫婦で「気持ち悪いくらいピタリと止まったね」と喜ばれる。夏の不養生がたたって、秋にこうして咳として現れたりする事がある。

頭痛、発熱、寒気、咽がイガイガする

20代 男性 会社員 K・Sさん

汗が出ず、高熱。喉の痛みに対して足に鍼を一本当てておく。一鍼で唾を飲み込んでも痛みが出なくなる。熱の発散を促すような治療を加えた。温かくして、早く家で休んでもらうなどの指示をする。
晩に大量の大汗をかき、3度着替えた。翌朝にはすべての症状が消失。その後、数回を養生のために来院。

風邪。激しい偏頭痛、手足の痺れ

40代 男性 会社員 K・Nさん

週末に駆け込んでこられた症例。偏頭痛持ちで年に数回発作的に現れるという。今回も同様の経過らしいが、これ以上薬に頼るのは嫌だということで来院。
吐くほどではないが気持ち悪い。頭痛は動くと増悪し、横になっても痛いので起きているほうが楽だという。頭蓋内圧亢進を思わせる症状だが、中枢性の兆候はない。血圧は正常範囲内。

普段はあまり行わない置鍼をする。そのまま30分程、温かくして横になってもらうとゲップが大量に出て、便通があった。久しぶりに気持ちいのいい便が出たという。これにより頭痛は大方収まり、なんとか動けるようになった。体質的な問題があるので、定期的にメンテナンスされたほうが良いのだが、具合が悪くなるころに来院される。

風邪に伴う歯の痛み

40台 女性 風邪の後の不調がある

風邪の後、本調子にならないと来院。風邪を引いたあとから、右の奥歯も痛む。主訴は歯痛ではあるが、風邪の変形として治療ができる。 人差し指より始まり、顔面部にまで到達してる経絡があり、古くはこれを「歯脈」と呼んだが、実際に鍼灸で歯痛を収める事が出来る。

この治療の翌日、「朝起きて食事をしてもまったく歯がなかった」という。それ以降もなんともないが、一応歯医者で診てもらったところ、歯は何処も悪くなかったという。もちろん風邪も抜けた。こういう事はよくある。

熱が出ない風邪 咽喉痛 

30代 男性 K・Nさん

風邪を引き、咽が腫れ痛み、鼻水が止まらない。拍動性の頭痛がする。熱は出ていない。足の冷えが強い。

初回の治療で頭痛、咽の痛みなどの症状は治まるが、消耗が激しく回復するまでは日数がかかると思われた。養生法を実行してもらうが、仕事に行くとやはり悪化する。一進一退で、短期集中で一日置きにきてもらう。三回目のあと、ようやく発熱し始めると同時に、鼻に膿が混じりだす。その後は、週に一回の治療を数度行い回復した。基礎体力がないと発熱すらできないので、回復までに時間を要する。

風邪 午後ののぼせ感と頭重

40代 女性 自営業 K・Mさん

風邪を引いてから咳があり、あたまの頭重感が抜けない。どことなく顔色は青白く、脈も沈んで弱い。下痢はない。

咳は治療後に収まるが、頭重感は2回目も残っているが潮熱に変化していた。治療方針を切り替えて3度目の治療。食滞を下すと頭重感は抜けた。

ご予約はこちらから!

TEL 092-401-0898

この症例集の目的

鍼灸治療に関する「よくわからないこと」が少しでもクリアになるように作成したのがこの症例集です。よって、専門家向けの学術的なものでもなければ、治療の有効性を過大に謳うゴットハンド的なものでもありません。

レストランが様々なように鍼灸院も、鍼灸師もさまざまです。ですから、この症例集は、あくまで誠花堂の場合です。誠花堂で日々当たり前のように起こっていることを等身大のまま示したのが、この症例集です。よって、全国どこでも鍼灸院であれば同じようにできるという話ではありません。また、鍼灸治療の限界を示すものでもありません

WHO鍼灸適応疾患

WHOでは以下のように評価されており、現在の日本の医学界における評価にくらべれば格段に高く評価されているといえます。ですが、それでもまだ不完全です。現実にはもっと幅広い疾患に対応してきた歴史が鍼灸にはあります。ここでは便宜上WHOの適応表を借りて作成しています。

神経系疾患神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ヒステリー
運動器系疾患関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患甲状腺機能亢進症・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
泌尿器系疾患膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患生理痛・月経不順・冷え性・不妊・更年期障害・乳腺炎・白帯下
耳鼻咽喉科系疾患中耳炎・耳鳴・ちくのう・扁桃炎・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎
眼科系疾患眼精疲労・疲れ目・かすみ目・結膜炎・仮性近視・ものもらい
小児科疾患小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
それ以外の疾患頭痛 花粉症 過敏性腸症候群 貧血 皮膚疾患 不妊・逆子・つわり 中心性網膜症 線維筋痛症

ex 「頭痛」「扁桃炎」など、あなたの症状を検索してみて下さい。でも、なにも見つからなかったらすみません。
*該当するページがなくても、対応できる症状のすべてを網羅している訳ではありません。興味がある方は、お問い合わせ下さい。