切脈一葦 巻の上

             常陽 中茎謙 著

【語註…河原が付した 】
常陽…茨城県東茨城大洗の辺り

脈位

本文①
寸口は、脈の顕然として見る所なり。故に上古より今に至る迄、動脈の流行を爰こに診して、血気の盛衰を候うこと、何れの時より始まると云うことを、明らかにせずと雖も、古書に脈を論ずるときは、必ず寸口を主とするを以て考えるときは、上古の脈位なること疑いなし。

本文②
「寸尺」は、人の体より出でたる者にて、『説文(解字)』に、「周の制の寸・尺・咫(*)。尋常の諸度量は、皆な人体を以て法と為す。」の語あり。

『孔子家語』(王言篇)に「指を布くに寸に知る。牛を布くに尺に知る。肘を舒すに尋に知る。」の語あり。
『素問』に「尺内の両傍は、則ち季肋なり(脈要精微論)」の語あり。又た、「尺寸を按じ(陰陽応象大論)」の語あり。
『霊枢』に「尺を調う」の語あり。

此れ等の語を合わせて考える時は、人の体を指して、「尺」と称することを見るべし。
「尺」は、度量の統名なるを以てなり。
「調尺」の尺は、広く人身を指し、
「尺内」の尺は、腹を指す。猶お、腹内と云うが如し。
「尺寸」の尺は、手を指す。寸に対するを以てなり。
「寸口」は、尺を診する処なるを以て名ずけ、
「尺澤」は、尺より寸に、血脈の流行する処なるを以て、名づけたる者なり。

【語註】
* 「咫」(シ、zhǐ) ・・・古代の長さの単位。 『説文解字』九、尺部「咫」に、「中婦人手長八寸、謂之咫。周尺也。」とある。一般にこの文章は「周代の尺で8寸を咫という」という意味に解釈されている。
*『素問』脈要精微論 「尺内兩傍則季脅也。尺外以候腎、尺裏以候腹中。附上左外以候肝、内以候鬲。右外以候胃。内以候脾。上胕上右外以候肺、内以候胸中。左外以候心、内以候膻中。前以候前、後以候後。上竟上者胸喉中事也。下竟下者少腹腰股膝脛足中事也。内以候鬲。」・・・この文章には、寸関尺の脈診法としての解釈と、多紀元簡が主に主張する尺膚診とする説とがある。
*『素問』陰陽応象大論 「善く診する者は、色を察し脈を按じて、先ず陰陽を別ち、清濁を審らかにして、部分を知る。喘息を視、音聲を聽きて、苦所を知る。權・衡(はかり)、規(コンパス)、矩(さしがね)で觀る(ように)、病の主る所を知る。尺寸を按じ、浮・沈・滑・濇を觀て、病の生ずる所を知る。以って治すれば過ち無く、以て診するや則ち失せざらん。」

本文③
動脈の見る処多しと雖も、其の著明なる者は「寸口」を第一とす。「人迎」・「跗陽」は、之れに次ぐ者なり。

「人迎」は常に「寸口」より大きく、「跗陽」は常に「寸口」より小なる者は、脈道に本末あるを以てなり。是れ仲景氏の「寸口・人迎・跗陽」を以て、「三部」と為すと雖も、其の大ならず、小ならざる所の「寸口」を主として、「人迎・跗陽」を参考に備える所以なり。

「虚里・少陰、臍中」も亦た著明なる者なり。故に其の証に因って、参考に備えることあり。
「寸口」は手の掌の後ろ、高骨の側に見える動脈なり。
「人迎」は結喉の両傍に見える動脈なり。
「結喉」は喉嚨なり。頤の下に高く尖りたる骨を云う。
「跗陽」は跗の上に見える動脈なり。足の跗の上、大指と次指との両骨の間を、上へ去ること五寸。動脈手に応ずる所なり。
「虚里」は左乳下に見える動脈なり。
「少陰」は足の内踝の後ろ、陥なる中に見える動脈にして、所謂、少陰の動、是れなり。
「臍中」は所謂、腎間の動、是れなり。

本文④
「脈」は血気盛衰を診する処にして、病の所在を診する処に非ず。故に部位を論ぜず。唯だ、動脈の見る処を以て、診脈の処と為すべし。
寸口を診するの法、三指を以て、掌後、高骨の側、動脈手に応ずる処を案じて、以て寸口と定むべし。
脈見る処長き者は、指を疎にして診し、脈見る処短き者は、指を密にして診すべし。
小児は一指を以て診すべし。
反関の者は動脈見える処を以て法とす。必ず、倉卒に看過すること勿れ。
専ら心を指下に留めて言うこと勿れ、観ること勿れ、聴くことなかれ。嗅ぐこと勿れ、思うこと勿れ。是れ脈を診するの要訣なり。

【註】⑤
「寸口」は、手の太陰肺経の脈にして、五臓六腑の死生・吉凶を決する所と為し、肺は諸気を主る故に、又た「気口」と名づけ、肺は百脈を朝せしめて、脈の大会なる故に、又た「脈口」と名づく。
其の名、三つあれども、其の処は一なりと云うは、皆な分配家の説にして空論なり。「寸口」は固より十二経の名も、経穴の名も、未だ有らざる以前の名にして、経穴の名に非ざるなり。
然るを後世に至って、経絡を分けて穴所の名を配する時に、「寸口」の地を肺経の脈道と定めて、経渠・大淵、二穴を配したる者なり。
又た、「気口・脈口」等の名は、其の後、肺経の理を推して名づけたる者なり。

【註】⑥
『素問』に「寸口・気口」の名有りて、「寸・関・尺を分かちて、三部と為すの説」なし。
『難経』に始めて「寸・関・尺」の名を立つと雖も、未だ「左右に臓腑を分配するの説」なし。晋の王叔和に至って初めて「左右に臓腑を分配するの説」を出せり。

一の難は、一呼吸の間に脈行くこと六寸、一日一夜に脈行くこと五十度と定め、
二の難は、尺寸を一寸九分と定めて、臆見を以て、空理を論じたる者なり。
十八難(*)は、三部、四経の説を立てると雖も、其の言、簡古にして解すべからず。王叔和の分配を得て、粗通ずと雖も、之れを要するに無用の空言なり。

『霊枢』に、気口と人迎とを以て、陰陽に配して診する(*)ことあり。是れ亦た、無用の空言なり。

【註】⑦
『素問』に「尺寸を按ず」の語あれども「寸」は寸口のことなり。
肘の横紋より、掌の根迄の間を「尺」と云いて、此の処の堅・脆・滑・濇を見て、診法と為ることなり。(*)
又た、「尺内の両傍は、季肋なり」の語あれども、「尺内」は、腹のことなり。然るを分配家の徒が、尺脈のことと為るは誤りなり。

【註】⑧
「跗陽」は跗上に現れるを以て名づけたる者なり。然るを後世に至りて、分配家の徒が、足の陽明胃経に配して「衝陽」と名づけて、胃気の有無を候う処と為す者は「寸口」を五臓の気を候う処と為るを以てなり。又た人迎を足の陽明胃経に配するも、此の意なり。
夫れ「脈」は皆な、胃気を候うの診法なり。何ぞ人迎・跗陽のみに限らんや。

【註】⑨
両額の動脈を、「上部の天」と為し、両頬の動脈を、「上部の地」と為し、耳前の動脈を、「上部の人」と為し、手の太陰を、「中部の天」と為し、手の陽明を、「中部の地」と為し、手の少陰を、「中部の人」と為し、足の厥陰を、「下部の天」と為し、足の少陰を、「下部の地」と為し、足の太陰を、「下部の人」と為す者は、『素問』の三部九候なり。

「両額の動脈」は、足の少陽胆径の頷厭の動脈を指すなり。
「両額の動脈」は、足の陽明胃経の地倉の動脈を指すなり。
「耳前の動脈」は、手の少陽三焦経の和髎の動脈を指すなり。
「手の太陰」は、肺経の経渠の動脈を指すなり。
「手の陽明」は大腸経の合谷の動脈を指すなり。
「手の少陰」は心経の神門の動脈を指すなり。
「足の厥陰」は肝経の太衝の動脈を指すなり。
「足の少陰」は腎経の大谿の動脈を指すなり。
「足の太陰」は脾経の箕門の動脈を指すなり。

是れ皆な、分配家の空論にして実事に用い難し。
若し能く、十八か所の動脈を診し得ると雖も、病証を論ずるに臨みて、何れの動脈を主と為すべけんや。是れ一身一動脈にして、別脈に非ざることを、知らざるの誤りなり。

【註】⑩
魚際と尺澤との間を「一尺」と定めて、掌後一寸九分を以て「尺寸の地」と為し、
前九部を「寸」と為し、後一寸を「尺」と為し、寸と尺との間を「関」と為す。之れ「三部」と云う。
寸は「胸以上の疾」を主り、
関は「膈より臍に至る迄の疾」を主り、
尺は「臍以下の疾」を主る。

又た、医の指を浮かべて診するを「浮」と為し、
中按して診するを「中」と為し、
沈めて診するを「沈」と為す。之れを「九候」と云う。

浮は「心肺」を候へ、中は「脾胃」を候へ、沈は「肝腎」を候ふ。是れ『難経』の三部九候にして、全く分配家の空論なり。仮令、能く此の三部九候を詳らかに診し得ると雖も、脈・色・聲・形の四診を、参考するの時に臨みて、何の益あらんや。是れ、脈の一診を以て、万病を診し分けんと欲する者の為す所にして、紙上の空論なり。

【註】⑪
晋の王叔和、『難経』に拠て左右を分かち、臓腑を配して、以て脈学を唱ふ。是れを以て同調の人、称して脈学の大成と為す。然れども脈は血気の流行にして、一條脈の道路のみ。何ぞ三部各のおの、其の脈状を異にするの理あらんや。

又た、「浮・中・沈」は、病人の脈の「浮・中・沈」にして、医の指を「浮・中・沈」するの義に非ず。何ぞ、医の指の浮沈を以て、五臓を候うの理あらんや。仮令、明達の人と雖も、其の実なくして、其の理を究めるの理あることなし。是れ、王叔和以来、一人も脈学の極を知る人なき所以なり。

後世の脈を学ぶ者、分配家の為に、欺かれることを知らず。徒に精神を費やして、其の道を明むること能わずと雖も、尚お、未だ空言にして、其の実なきことを知らず。唯だ、己が見解の及ばざる所と為す。是れを以て分配家の脈法を出ること能わず。

遂に一寸九分の地を以て「三部」と為し、或いは掌後の高骨を以て「関」と為し、或いは臂の長短に随って三部を定め、或いは先ず関を按じて、次に寸尺を按ずと云うは、
或いは、先ず寸を按じ、次に関尺を按ずと云う。

或いは、浮かべて「心肺」を診し、沈めて「肝腎」を診し、中以て「胃」を診すと云う。或いは左を「人迎」と為し、右を「気口」と為し、或いは左の寸・関・尺に、「心・小腸・肝・胆・腎・膀胱」を配し、右の寸関尺に「肺・大腸・脾・胃・命門・三焦」を配して、以て診脈の定法と為す。

是れ皆な三部、各のおの、其の候を異にするの理なきことを知らざるの誤りなり。
若し三部、各のおの、其の候尚お、異にするときは、反関の脈の如くは、何れの処を以て三部と為んや。
思わざるの甚だしきなり。凡そ医を業と為る者は、皆な脈を診するを以て、先務としながら、此の如く決断すること能わざる脈法を以て、闇然として、人の病を診して、疑を隠して、其の証を弁ぜんとす。

其の危うき薄氷を踏むが如し。是れ何の心なるや。
之れを何と言んや。恐るべし。歎ずべし。医を学ぶ者、深く心を用いるべし。

【註】⑫
或いは云う、寸・関・尺を分かつことは、分配家の説なりと雖も、
寸部の脈進みて、魚際へ上る者を「頭中の病」とし、
関部の脈に力ある者を「腹中の病」とし、
尺部の脈に滞り有る者を「腰脚の病」とし、
左右は左右に分けて心を用いる時は、病人に患る所を問わずと雖も、大概知れる者なり。然らば則ち、寸・関・尺の部位全く無しと云えからざるなり。

謙曰く、是れは人相家相等を占する者と同断にして、医門に不用のことなり。
如何となれば、頭中に病あり。或いは腹中に病あり。或いは腰脚に病ありて、医に治を求める者なれば、脈を以て頭中の病、腹中の病、腰脚の病を占するに及ばず。
病者の辞にて、知れたることなり。何ぞ脈を以て占することを竢たんや。

夫れ「脈」の用は、頭中の病、腹中の病、腰脚の病ある人の脈を診して、色・聲・形の三診に合して、其の病の陰陽・表裏・寒熱・虚実を、決断するの診法なり。

病毒、頭中に在り。腰脚に在るの類は、皆な「寫形の與(あずか)る所」にして、「切脈の與る所」に非ざるなり。
是れ、病証有りて脈を診すると、脈を診して病証を占するとの辞なり。
又た、脈を以て病毒の所在を占すると、脈を以て病証の陰陽・表裏・寒熱・虚実を決断するとの辞なり。

反関

本文①
平人の脈、転じて他所へ移る者あり。定所なしと雖も、多くは関骨の外面に現る。故に之れを反関の脈と云う。片手反関の者あり。両手反関の者あり。半分転ずる者あり。皆な転ずる者あり。
内に転ずる者あり。外に転ずる者あり。魚際に上ぼる者あり。臂に入る者あり。
本位糸の如くにして、別に一脈本位より大なる者あり。
本位糸の如くにして、中に一粒珠の如き者あり。
是れ皆な稟賦の脈道にして、転変同じからずと雖も、常位に現れる脈と異なる事なし。唯だ、其の状、自ずから常位に現れる脈の和暢なるが如くならざるなり。
或いは大病の後、打撲の後、驚恐の後に、変じて反関と為る者あり。既に常と為るときは、稟賦の反関と同じ。

本文②
平人の片手脈なき者あり。両手脈なき者あり。人迎の脈なき者あり。跗陽の脈なき者あり。是れ皆な脈道、肉中に潜伏する者にして、反関の類なり。

本文③
平人、脈なき者、手を覆って診するときは、脈出る者あり。手を仰にして診するときは沈。手を覆って診するときは浮なる者あり。
是れ亦た反関の類なり。若し平生脈ある者、病に因って脈なく、手を覆って診するときは、脈出る者は、未だ絶脈に非ず。手を覆って診しても、脈でざる者は、絶脈なり。

平脈

本文①
平人の脈は従容和緩にして、形容すべきの形なく、平穏なる者なり。
一息五至は「数の平」なり。浮ならず沈ならざるは「位の平」なり。滑ならず濇ならざるは「状の平」なり。春夏の浮、秋冬の沈は「気候の平」なり。
痩せる者の浮、肥える者の沈、盛んなる者の盛。衰える者の衰、性急なる者の躁、性緩なる者の静は「稟賦の平」なり。小児の数、壮年の実、老人の弱は「年歯の平」なり。遠行の疾、憂患の微、久飢の空、食後の洪、酒後の数は「時の平」なり。

本文②
平人の脈、遅なる者あり。数なる者あり。浮なる者あり。沈なる者あり。滑なる者あり。濇なる者あり。
寒暑に変せざる者あり。痩せる者にして沈。肥える者にして浮。盛んなる者にして衰。衰える者にして盛。性急なる者にして静。性緩なる者にして燥なる者あり。
小児にして遅。壮年にして弱。老人にして実なる者あり。
片手浮にして、片手沈なる者あり。片手遅にして、片手数なる者あり。
片手滑にして、片手濇なる者あり。結促する者あり。代する者あり。七死の脈を現す者あり。
是れ皆な「稟賦の変脈」にして、平脈と異なることなし。或いは大病の後、打撲の後、驚恐の後に、変じて此の脈と為る者あり。既に常と為るときは、「稟賦の変脈」と同じ、何ぞ怪に足らんや。

【注】
「弦・洪・浮・沈を四時の平と為る説」あり。「弦・鈎・毛・石を四時の平と為る説」あり。「長・滑・浮・虚・短・・濇沈・実を、四時の平と為る説」あり。「浮大にして散を心の平と為し、浮濇にして短を肺の平と為し、弦にして長を肝の平と為し、緩にして大を脾の平と為し、沈にして軟滑を腎の平と為るの説」あり。是れ皆な分配家の空言なり。

胃気

本文①
「脈」は血気流注の名なり。「血気」は胃中の水穀、肺管の陽気を受け、成る者にして、則ち人身の神なり。之れを「元気」と云う。一に「精気」と云う。一に「胃気」と云う。其の源、胃より出るを以てなり、脈を切する者は、脈を以て胃気を診し、色を望む者は、色を以て胃気を診し、聲を聴く者は、聲を以て胃気を診し、形を寫す者は、形を以て胃気を診す。

其の診する所、同じからずと雖も、皆な胃気を診する所以なり。
故に古の脈法は、胃気を診するを以て、第一義と為すなり。

本文②
『素問』(平人気象論)に「平人の常の気は、胃より稟く。胃は平人の常の気なり。人、胃気なきを「逆」と日う。逆する者は、「死」」と云うは、脈の胃気を論ずるなり。「無」は絶えて無きの謂に非ず。有る中に無き状を現すを謂う。所謂、「生気無き、生色無き」の類、是れなり。
「胃気無し」とは、胃の常の気無きを云う。
「胃の常の気無き」は、脈の常の度無きを云うなり。

「浮・沈・遅・数・滑・濇等の脈状」は、平脈に非ずと雖も、是れ、未だ条理乱れざる者なり。因って是れを「胃気有り」と云う。又た是れを、「神有り」と云う。常の度あるを以ての故なり。

胃気ある者は大病と雖も、尚お、生意あり。「結・促・代・及び七死の脈の類」は、是れ条理の既に乱れたる者なり。因って是れを「胃気無し」と云う。又た是れを「神無し」と云う。常の度無きを以ての故なり。所謂、「紀綱を失す」と云う者、是れなり。 胃気なき者は、大病に非ずと雖も、死候なり。

然れども、病毒に痞塞せられて、胃気無きの脈を現す者は、「病脈」にして死候に非ず、当に全証を参考して、胃気の有無を決断すべし。
大概、卒病は、病毒に痞塞せられて、仮に「胃気なきの脈」を現す者多く、
久病は、精気虚脱して「胃気無きの脈」を現す者多し。

或いは、平人に胃気無きの脈を現す者あり。是れは「稟賦の変脈」にして、平脈と異ならず。若し、平人の病む時は、其の脈にして、過不及の脈を現すのみ。当に、平生の脈と全証とを参考して、胃気の有無を決断すべし。

又た、浮・沈・遅・数・滑・濇の類、「条理乱れざるの脈」と雖も、其の度に過ぎて、
極浮・極沈・極遅・極数・極滑・極濇なる者は、条理乱れたる者と同じて、即ち「胃気無きの脈」なり。
是れ、軽重の弁にして、「胃気有る脈」と為り、「胃気無き脈」と為ること、以て見るべし。

本文③
脈は「胃気の有無を診するの法」と雖も、病証軽き者は、唯だ、浮・沈・遅・数・滑・濇の脈状を以て、其の証の陰陽・表裏・寒熱・虚実を決断するのみ。胃気の有無を論ずるに及ばず。

病証重き者に至っては、浮・沈・遅・数・滑・濇等の脈状と雖も、胃気の有無を診して、死生を決断すべし。
况や、結・促・代及び七死の脈を現す者に於ては、詳らかに論ぜずんばあるべからず。

『素問』(玉機真蔵論)に、「脾の善悪を得て見る可きは、善なる者は得て見るべからず、悪なる者は得て見るべし」とは、是れを謂うなり。

【註】④
「浮・沈・遅・数の中に、沖和の神気ありて疾ならず。徐ならざる者を胃気と為る説」あり。吾れ未だ、遅数の中に疾ならず、徐ならざるの脈状ある者を見ざるなり。

*沖和…天地陰陽の二気が調和されていて穏やかであるさま。

又た「脈浮ならず、沈ならず、滑ならず、濇ならず。手に応じて沖和なる者を、胃気と為る説」あり。是れ則ち「平脈」なり。脈は胃気なりと雖も、平脈を以て胃気の脈と為るときは、其の平脈ならざる者は、皆な胃気無きの脈と為すべきか。
若し、平脈ならざる者を以て、皆な胃気無きの脈と為すときは、何を以て胃気の有無を診せんや。夫れ胃気の有無は、平脈ならざる者に於いて論ずる所なり。

又た「重く、按じて絶ざる者を以て、胃気有ると為る説」あり。「力有る者を以て、神気ありと為る説」ありと雖も、是れは虚実二脈の論にして、共に胃気の有無を論ずるに足らざるなり。

或いは曰く、重く按じて絶えざる者を以て「胃気あり」とし、力ある者を以て「神あり」と為ること、古今の通説なり。然るに今、是れは虚実の論にして、胃気の有無を論ずるに足らずという。

結促代、及び七死の脈の類、条理乱れたる者を以て、「胃気なし」と云う。 
又た、極浮・極沈・極遅・極数・極滑・極濇の類は、条理乱れずと雖も、其の度に過ぎるを以て「胃気なし」と云う。 
然れば則ち「力の有無」を以て診すべきか、将に「条理の治乱」を以て診すべきか。其の説、両端にして決断し難し。是れ全く杜撰に似たり。

謙曰く、「重く按じて絶えざる者を以て、胃気あり」とし、「力ある者を以て、神あり」となること、古今の通説と雖も、力の軽重に因って、胃気の脈と為り、邪気の脈と為るの別あり。
何ぞ一概に、力ある者を以て、胃気の脈と為すべけんや。「力の有無を以て、胃気の有無を診する」ことは邪正一源に引く所。『素問』の語を以て見るべし。其の論、邪正一源に詳なり。

又た、「条理の治乱を以て、胃気の有無を論ずること」は、前に引く所の『素問』の語を以て見るべし。又た、「条理の治乱」と、「力の有無」と、両説併せて診することは、陳遠公の説を以て見るべし。是れ謙が杜撰に非ざるなり。
陳遠公の『弁証録』に浮・沈・遅・数・滑・濇の脈に論なく、秩然として条理乱れざる者は「神あるの至り」なり。充然として力ある者は「神あるの次」なり。微微として鼓動する者も、亦た「神あるの候」なり。条理散乱する者、或いは有り、或いは無き者。或いは軽按するときは有りて、重按するときは無き者。或いは時に続き、時に断する者。或いは沈細の中に、依稀の状ある者。或いは洪大の内に、縹渺の形ある者は、皆な、「神なきの脈」なりと云えり。

陳士鐸・・・清代の醫家。字は敬之,號は遠公、朱華子、大雅堂主人。浙江山陰の人。
依稀(イキ)… 明らかでない、ほのかなさま。かすかなさま。
縹渺(ヒョウビョウ)… 広くはてしないさま。

此の説、古人の奥旨を得たり。実に千古の卓見なり。神なきは、胃気なきを云うなり。
充然として力ある者は「極弦」に非ず。
微微として鼓動する者は「極微」に非ず。是れ神ありとする所以なり。
依稀の状は「沈微の極み」なり。
縹渺の形は「浮大の極み」なり。是れ神なしと為る所以なり。