河原燈観

院長 河原直貴(道号:燈観)

趣味:鄭子太極拳、アイロン掛け、息子とプロレス

経歴

・2005年より横田観風師から古方漢方・鍼灸、東洋学の薫陶を受ける。
・2007年 東洋鍼灸専門学校卒 「はり師 / きゅう師 / あん摩-マッサージ-指圧師」免許取得 同年、安田無観師に師事。
・東京都内のクリニックや鍼灸院勤務、在宅訪問治療などを経て誠花堂を開業。
・ヨーガや静座法を実践することで、心身調和をはかる方法を研究。
・清水豊老師からは鄭子太極拳伝授を通じ内丹・神仙道を学ぶ。
・福岡の勉強会主催
・以下の症例、小論を発表。中茎謙について2016.3
 中心性漿液性脈絡網膜症の治療2011.05 尋常性乾癬の治療2011.02 「眼目の病」の追試2009.12 下肢の症状2症例2009.3 潰瘍性大腸炎 クローン病の治療 扁桃炎の治療


これまでの活動

東洋医学

学生時代
東洋鍼灸専門学校時代

本物の臨床家を育てようという気概に溢れた伝統校。刺絡、火針、頭皮針など特殊な針法の伝授を受けることができました。

茨城県八郷接心

本質をつかみたい
茨城県八郷での学び

学術だけでなく、治療家としての在り方など、多くの事を自然の中で学ぶ集い。七年ほど通せて頂きました。誠花堂の原点は、ここにあります。

いやしの道

探求し続ける
現在に至る

東洋医学から現代科学の最新研究まで。既存の学問領域にとらわれず縦横無尽に探求を続けること。よりよい提案ができるよう学び続けています。


師弟

つないでいく

一燈照隅、萬燈遍照。
伝えられた”燈り”を次世代へ。

(左:安田無観先生 中:横田観風先生 右:燈観)


災害鍼灸プロジェクト

明かりを燈すように 一鍼に祈りを込めて

私たちはいま、深い昏迷の時代を生きているのだと思っています。この時代を私たちがどのように生きて、どのような未来を築いていくのか、日本列島に住まうすべての人々が問われているのだと思っています。先の見えない暗闇の中、明かりを燈すように、一鍼に祈りをこめて。