吉益東洞先生の菩提寺を訪ねる

東洋医学において、東洞翁ほど称賛と批判を受けた人物を他にいないかもしれません。吉益東洞(1702--1773)とは、漢方医学界にいわば革命を起こした人物です。
誠花堂の治療は、横田観風先生が提唱された万病一風論に基づいています。それは吉益東洞の万病一毒論、葦原検校の万病一邪論により浮揚された、より高次の治療法です。
ですから、誠花堂にとって吉益東洞は重要人物です。東洞は機械的な陰陽五行説の運用や、病因論に拘泥することを嫌い、憶測や迷信が入り込むことのない新しい治療体系を作り上げました。

吉益東洞

吉益東洞墓所

吉益東洞墓所

写真は、東洞先生の御宅があったことを示す石碑です。
子どもみらい館さんの側に、ひっそりと佇んでいました。

東洞先生のお墓は臨済宗東福寺の荘厳院にあります。
次いでそちらへも赴きました。

東福寺では月に一度、座禅会があるそうです。
せっかくなので、先輩の養母氏と共に早朝座禅会にも参加させて頂きました。

東福寺京都

京都

「理論一切不要」という吉益東洞の教えは、「教化別伝 不立文字」を唱える禅の匂いがします。しかし、東洞が参禅していたという形跡は今のところ見られません。どこからそういう発想を得たのか、謎です。

荘厳院内にある吉益家のお墓で、傍に吉益南涯のお墓もあります。もちろん、献花させて頂きました。記念撮影もちゃっかりとさせて頂きましたが、公開は控えます。中西深斎のお墓もそばにあると聞いていたのですが見つかりませんでした。

誠花堂は形のない治療がしたい

古方の精神とはなんだろうか

東洞は形骸化した既存のやり方(李朱医学)に異を唱え、廃れてしまった、いにしえの医学を復興しようとしました。
東洞が求めたものは、迷信や憶測が一切入る余地がない、確かな診察法であり、確かな治療方法です。

東洞の学派は一世を風靡しました。

しかし、古方もやがてひとつの権威となり、相対化されるような存在となった以上は形骸化を免れません。

東洞は、「東洞のたぬきに化かされるな」と言い残しています。
文字情報で残せることには限りがあります。後世の人々が、上辺だけの理解に止まったり、安易な盲信に陥らないよう戒めたのです。

しかし、現代の私たちは文字によってしかその医術を知る事ができない。だからこそ、古方から入ったならば古方を超えて行く必要があると考えます。それは中医も同じで、中医から入ったならば中医を超えて行かねばならない。方法論の違いを批判しあうよりも建設的なものが生まれるのではないでしょうか。

より高次元の治療に至るためには、そういった目に見える形、規格化された形を超えて行かねばならないと考えます。誠花堂は形のある治療を超えて、形のない治療がしたい。そして、それこそが東洞の行っていた医術の次元なのではないかと思うのです。