自力でできること1「食・息・動の調和」

前回の続きです。
「自力でできること」についてです。

これは「養生」という言葉で説明されてきました。養生を説くのは容易ではないのですが、日頃とりあえずは「食・息・動の調和が大切だよ」と説明しています。

とは、食事の事です。
とは、呼吸の事です。
とは、運動の事です。

簡単でしょう。

秋

この3つの調和が大切です。

例えば、食養の大事が喧しく語られています。
でも、食事に気を使うだけでは養生とはいえません。そもそも「気を使うこと」それ自体が、不養生極まりないわけで、気を使わずに、かつ、害毒をなすようなモノは排除しないといけない。・・・だから難しい。食養にこる人は、食養に偏りすぎるため、案外、深刻な運動不足に陥っている傾向があります。

一方で、よく運動をしているという人々は、食事については対して気にかけていなかったりします。

食と動。2つを簡単に説明しました。
息については、いまのところ、こう考えています。
食と動、2つのバランスがとれてくると、息が整っていく。

息が浅く、乱れるような方法は、何かが間違っていると思って間違いないと思います。

コメント


認証コード7685

コメントは管理者の承認後に表示されます。