医療者とダンディな男とは、お湯を入れて3分でできるようなものではない

ダンディズムってなんだろうと思うことがあった。
あ、笑わないでください。

『ダンディズムの系譜』(著:中野香織)によると、

ダンディとは時代の趨勢に流されず、孤独に抵抗し続け、破滅を辞さぬ、愚かしい男である世間の価値判断にあわぬハンディを、傲慢でひとりよがりな態度でもってプラスに転じてしまう、ふてぶてしい「空気を読まない」男である。

「ダンディ」という響きに、どこか嘲笑が含まれているのはそういう訳か。

ぜひ、私も鍼灸師としてダンディに生きたい。
しかし、う~む…

河原燈観


・・・ダンディ度0%な画像だな(笑)私はこう見えるのだな。


思い起こせばそう。
私が学んだ先生たちは皆、ダンディの塊のようであった。

鍼灸しかできない。だからいい。

私は2005年に横田観風先生に出会い、安田無観先生には2007年に弟子入りした。両先生の治療を間近で見ることができたのは私の人生の宝だ。

鍼灸の他に、整体をしたり、カイロをやったりする人たちもいて、それはそれでいい思うが、私の先生方は「鍼灸しかしない」という方々であった。
それまでは私も、鍼灸の他にも色々身に着けたいと思っていた。
先生方が鍼灸しかしないというのは疑問だった。

それで尋ねてみたことがある。

私「私たちは鍼とお灸しか使えません。それだけで大丈夫なのでしょうか。」

師「そうだ。確かに我々には鍼とお灸しかない。しかし、だからこそいいんだ

しびれてしまった。

鬼平犯科帳の世界である。
「お~と~こ だったら~ひとつに、かける~」だ

これがダンディズムってやつなんだろう。

一鍼にかける覚悟

鍼灸は魔法ではないので、効果が出せないこともある。
そういう時の治療者の胸の内はとても苦しい。

来院してくれたことに満足してもらえるよう、治療効果を出せるのが第一だが、それができない穴埋めとして、肩や腰を揉んだり、サービスして誤魔化すことが世間ではある。いわゆるサービスマッサージである。

そういうことを一切やらない
今日、鍼灸で治せなかったものは、
明日、鍼灸で治せるように工夫し続ける。

まぁ、当たり前のことではある。
普通のことだと思う。

しかし、その普通で、当たり前のことがなされていないのが、現実なのだ。

ひとつに賭けるからこそ、突破できることがある。
鍼灸しかできない、しない、というのはその決意の表れでもある。

効かせられないまま患者を返せば、もう二度と来てはくれないだろう。
だからこそ、一鍼にかけるにのは覚悟が要るのだ。

普通だから、当たり前だから浮く

鍼灸師がワーキングプアなのは、自分たち自身にも問題がある。意味のないマッサージで治療した感を醸している。
そんなことをしているから、本当の支持を得られないのではないか。

「腕が上がれば自然と患者は増える」という。
だが、何年もそれを待てない連中もいる。
自分に賭けられない連中もいる。

いかにマーケティングし、儲けるか。初めがどうだったかは知らないが、いまでは美容鍼灸はそこに上手く絡み、鍼灸のメインストリームとすらなった感がある。
2000年前に美容鍼灸などというものはなかった。進化とみるか堕落とみるか。
高級車に乗ることがステータスと思っている鍼灸師すらいる。

そんな趨勢のなかで、いにしえを志向し腕を磨き続ける者は愚直という他ない。

探求し続けるのはいいが、それがまた極端すぎて、生活は大丈夫か?と心配になる仲間もいた。(あちらもそう思っていたかもしれないが)
生活を度外視しすぎて、「破滅を辞さない」は頷けてしまう(笑)。
しかし、それくらい自分に賭けなくては、投資しなくては開かない扉があると私は思う。

普通のことが、普通ではない。
当たり前のことが、当たり前でないからこそ、
ダンディなやつらは世間から浮いてしまうだ。

そこが、しびれるほど格好良かったのだな。

熟成発酵には時間がかかる

孤独を恐れない。
傲慢。ひとりよがり、と笑われようが阿らない。
世間の空気を読みながらも乗らない。
社会的なハンディをもプラスに転じてしまう、ふてぶさがなくては、ダンディズムは体現できない。

そして、そんな男たちは、私のようにダラダラとブログを書いたり、冗長に語ってくれることは、まずない(笑)のである。

勇気を持って質問をしても、「違う」くらいしか応えて頂けない。
手取り足取り、教えてなんかもらえない。でも、この不親切な教えが後々、熟成発酵して効いてくるのである。

20代の頃、遙か彼方に霞む、師の背中を追いかけていた。
追いつけるだろうか。
成功できるだろうか。
そんな事さえ度外視で駆け抜けてきた。
がむしゃらで、恵まれた歳月であった。

あれから時が過ぎ、私は一端の鍼灸師となっていた。
なにが一番勉強になったのかって、
山奥の道場で師が歩く音を聞いたこと、
ふすまを閉める所作を見ていたこと。
纏うその空気感を何%かは吸収できたこと。

治療を終えた後、先生が語るわずかな言葉。
いいことも悪いことも含めて背負う背中。
孤独に闘う男の後ろ姿。

そういう事だった。

ダンディ度数0%からの挑戦

どうしようもない若者が、生き方から教えて頂いた。
でもそれがすべてだったんじゃないか。
それがいま鍼に現れているんじゃないか。
私はそう思う。

「明日から使える、○○を一発で治す方法」みたいな、表層的な物が溢れているのをみるのが悲しい。
技術なんて自動販売機にコインを入れたら買えようなものだと世間では思っているのかもしれない。

大丈夫か、日本。
大丈夫か、鍼灸師たち。

ふと心配になることがある。

一方で、こうも思う。

時代の趨勢に流されず、
孤独であってもひとり抵抗し続け、破滅をも辞さない、
そんな愚かしい生き方をダンディズムと呼ぶのならば、
ダンディズムはきっと不滅である。

私がまずそう在りたい。
いつか出会うであろう、そういう種を育てたい。

ダンディ度数0%からの挑戦である。


それでは皆様よい週末をお過ごしください!

コメント


認証コード0924

コメントは管理者の承認後に表示されます。