原因不明・気のせい・年のせい??

これまでのエピソードの中で印象的だったものを集めてみました。

誠花堂院内



扁桃炎 不眠症 N・Kさん 47歳 福岡市
実は私は鍼灸を信用していませんでした強い抗生剤も効かず、手術して扁桃腺を切除するしかないといわれていましたが、しつこかった症状がまったく無くなり、大変驚きました。体の一部を失わずに済んで、本当に良かったと思っています。

日光性 脂漏性皮膚炎 K・Tさん 29歳 福岡市
僕の病は西洋医学では「治らない」が一般論ですが、誠花堂ではすぐ改善していきました。病気になると健康の大事さ、ありがたさがわかります。一日一日を大切に生きるようになりました。

更年期障害 54歳 S・Mさん 福岡市
「更年期でしょう」「気のせいでしょう」と相手にもされず、評判のヨモギ蒸しをしたりしてきましたが、良くならず。もう鍼を試すしかない…と失礼ですが、やけくそで来ました。結果は、「今までやってきたことは一体なんだったのだろう」の一言です。

尋常性乾癬 O・Tさん 31才 女性 福岡市
ステロイド剤や光線療法などを受けてきましたが、症状が治まらなくなり誠花堂に来ました。痒みや紅斑はまだ出ますが、鍼灸をすると肌の調子は良くなり楽です。

線維筋痛症 倦怠感 K・Hさん 24歳 福岡市
今はどんな治療をするべきか、今後はどんな反応が出て、数か月後にはどのようになっているかと細やかな説明がありました。実際にそうなっていること多々。断定できない事ははっきりと嘘なく言ってくれます。

蝶形骨洞炎 36歳 S・Yさん 女性 福岡市
手術前にやれることをやっておきたくて来ました。数回の治療で症状が気にならなくなり、手術は取りやめになりました。


「異常はない、気のせいだ」
「辛いけど、症状を理解して貰えない」
「他にいい治療法がない、知らない」

様々な声を聴いてきました。一方で100歳近い、ご年配の方であっても「鍼灸は受けたことがない」という方も多かったのは驚くべきことでした。日本人にとって身近であるはずの鍼灸を、ほとんどの人は知りません。

「原因不明」「気のせい」「年のせい」だと言われている貴方の症状は、
「原因不明」「気のせい」「年のせい」ではないかもしれません。

行きづまっておられるなら、視点を変えて取り組んでみてはいかがでしょうか。そうして誠花堂を訪れた方達はたくさんいます。

数値化できない、見えない部分を見る

健康や病いをどのように捉えるのか。実は文化によって、かなり違いがあります。

西洋医学と違うということは、治療対象となる守備範囲も異なるといえます。東西医学のどちらが優れているという話ではありません。
誠花堂が公開している症例や体験談をみると嘘みたいな回復談も掲載していますが、これは神秘でもなければ、プラセーボでもありません。

起こるべくして起こった「普通のこと」のはずです。
つまり、世間で思われている鍼灸の姿との間に、大きなギャップがあります。

西洋医学は「気」や「こころ」といった、目にみえない・数値化できないものを切りすてる事で発展してきました。
それは、科学では扱いきれない「見えない部分」が残された事を意味します。「目に見える解剖学的な人体」だけを視ていては知りえない情報があります。DNAの解析技術や検査機器はめざましく発達し、「見える世界」は拡大しました。しかし、やまいが一向に減らない事実が、皮肉にもそれを証明しています。

誠花堂は、切り捨てられた部分に注目しています。
それでは常識を超えて、新しい世界を覗いてみましょう。

視点を変えてみよう

病名にとらわれる必要はない

「病名」とは、名札やレッテルに似たところがあります。内耳性の難聴は一般に治りにくいとされています。しかし、ちゃんと診断が確定していたのにも関わらず、簡単に治ってしまうことがありました。それだけ針が効いたのだと思いたいところですが、そもそも診断が正しくなかった可能性があります。
癌でも「余命、何か月です」などと言われても意外と長生きできたり、治ったなんて話があったりします。医師とて神様ではありませんから、すべてを信じ切ることはできません。

自律神経失調症という言葉も、曖昧過ぎます。
なぜ失調しているのか? そこはどうなるのでしょう。

一体、その人のどこが、どのようになって失調しているのか

ある人は、左足首に問題個所があるかもしれません。

左足首とはいっても、内側にある人もいれば、外側にある人もいます。そこに与える刺激にも選択枝があります。夏と冬では状態が異なり、問題が喉に移っていたという人もいます。治療をしたら移動することもあります。

そういうことを見ずに、目の前の症状だけをとらえて名前を付けたところで、治療の役には立たないのです。

私たちは専門家も含めて「○○病」と聞くと、本当にそういう実体があるかのように考えてしまいます。病名を聞いただけで、治らない、何もできることはないと考えたりします。

でもやってみなくてはわかりません。それでも本当にだめだったこともあります。
でも、一般的な常識を超えた成果を掴みたいのならば、私たちに認識を変えるところから始めねばなりません。
あなたにとって最良の方法は、正攻法の中にはないかもしれないからです。

だから、その助けとなれるよう、学び続け、考え続けていきます。

病いの背景は複雑

「個人的な不摂生」のレベルから、「人間関係」や「社会環境」のレベルまで、いくつかの問題が入り乱れています。「やまい」とは時代的、社会的な現象であると同時に、2つとない個性的なものだとも言えます。

全人的なケアが求められる現代において、誠花堂は鍼灸のプロフェッショナルという立場から関わっていきたい。そう思っています。

気(はたらき)の異常によるやまいは多い

鍼をすると冷え症がよくなったりしますが、別に鍼がホカホカしている訳ではありません。お灸も必ず使う訳ではありません。

古代の人は、病は気の滞りから生じると考えました。
気の停滞を解消することで、結果的に身体が温まってしまう。
東洋医学とは気の医学であり、鍼灸とは気に働きかける道具です。

しかし、今現在の鍼灸のスタンダートは、「○○筋の凝っているところに鍼をする」といった即物的な世界になっています。ほうれい線を取るために顔に大量に鍼を刺して、長時間刺激するというのもそうです。物理療法として、それはそれで効果がありますが、鍼灸の限界を狭めています。鍼灸は単なる物理療法ではないからです。

わたしが見てきた名人や達人たちは、触れるくらいの刺激で、一瞬で治療をしたりしていました。
神経とか、筋肉とか、血流だとかでは一切説明できないような現象を目の前で見せられて、そういった世界があることを無視して鍼灸師を続けることはできませんでした。

”気のせい”と呼ばれる症状の多くは、鍼灸の独壇場です。
「気のせい」による症状ならば、いかなる病名であろうと、すべての疾患が鍼灸治療の対象となります。
実際、【気】の異常によるやまいは多いです。

実際に診察して問題個所を検索してみると、本当にどこも悪くないという方はほとんどいません。体表に現れたツボに適当なる刺激が加わると、必ずなんらかの変化が始まります。

効くか、効かないか。事実から始めよう。

例えば、「足に鍼を置いただけなのに、のどの痛みが和らぐ」なんていうことがあります。それを西洋医学の言語に置き換えて、神経や筋肉といったレベルで説明できるかというと、できません。

でも、事実は事実です。

どうしたら効くか、効かないか。
その「事実」から出発しています。

医学であるがゆえに、限界もある

胃潰瘍で大きな穴が開いたもの、癌の腫瘍がすでに大きく形成されたもの、骨折などの外傷など「見える部品としての身体」の損傷は、基本的には西洋医学的な処置を受けて頂くのを勧めています。

奇跡でも神秘でもない以上は、どのような問題も解決できるというわけではありません。私の実力が及ばないこともあります。

「東洋医学っぽい」ではなく、「東洋医学」を提供したい

あまり知られていませんが、鍼灸師は歴とした医療者です。国家試験に合格した有資格者だけが、行うことのできる医療行為です。
国家資格の価値は、解剖生理学といった基礎医学を履修した点にあります。つまり医療者として、安全と一定の品質を保証したものであるといえます。

一方で、鍼灸とは職人による手仕事という面の大きい、原始的な治療法です。
やれることには個人差が大きいものです。

また、各治療家によって、最善の尽くし方にはいろいろです。
わたしはせっかく東洋医学のど真ん中を学ぶ機会に恵まれたのだから、それを貫くことに社会的な責任があると思っています。

お困りの方は、どうぞ一人で悩まずご相談ください。詳しくお話をお聞かせ下さい。誠花堂は親身になって、あなたの治療にあたります。

ご予約はこちらから!

TEL 092-401-0898

予約専用メールフォーム
お急ぎの場合はお電話でご予約くださいませ。